普段とは違う服装

フォーマルな服といっても、仕事用に着るスーツとドレスでは着用するルールが全然違います。一回しか着ないこともよくありますので、できればレンタルで手早く選んで気軽にお洒落を楽しんだ方が良いでしょう。

レンタルはこんなに便利!

ドレス

予約から到着まで

レンタルでドレスを借りる際には、予約から自宅に届くまでの流れを把握しておく必要があります。レンタルショップによって規約が違う場合もありますので、正しく利用するためにも一度利用ガイドをチェックしましょう。

READ MORE
女性

王道のワンピースドレス

ドレス選びに迷ってしまうという場合は、ワンピースを選んでおけばまず間違うことはありません。できれば一色で統一してデザインされたワンピースが良いのですが、お色直しのドレスに使われる色にも気をつけて選ぶようにしましょう。

READ MORE

購入もすることができる

ドレス

予備のドレスを確保

自宅に一着はドレスを持っておいた方が良いです。結婚式にやちょっとしたパーティにはいつものスーツは着ていくことができませんので、大人の嗜みとしても一着はフォーマルドレスは持っていることが大切なのです。
しかし、そのドレスが汚れてしまったり、パーティが続いてしまったりするときには別のドレスも必要になってくるので、できれば何着か着回せるように予備を用意しておくと良いでしょう。ドレスがない場合は友人や親類から借りることも検討しなければなりません。

レンタルなら気軽

友人や親類からドレスを借りるといっても、その人達と出るパーティが重なってしまうこともあります。そうなればドレスを借りることができません。
レンタルドレスショップがありますので、そういったときのために使い慣れておくと良いでしょう。汚してしまったとしても多少の汚れなら無料でクリーニングしてくれるので安心です。

アイテムは購入もできる

レンタルショップといっても、アイテムが気に入ったなら購入することも可能です。中古品の場合なら少し安くなりますので、節約にもなるでしょう。
購入できるアイテムは下着もあります。ドレスに合う下着は中々見つかりませんが、レンタルドレスショップなら間違うことなく合う下着を購入できるでしょう。下着のようなアイテムはレンタルでは利用することはできませんので、きちんとドレスと自分の体型に合ったものを使わなければなりません。

おしゃれコンシャス

ドレスをレンタルするなら、貴女の見た目に合うサイズやカラーをチェックして、満足できる衣装を借りませんか?