レンタルの予約をしてからドレスに合う髪型も選ぼう

ドレスを着用するには手順がある

前にボタンがないドレスが多いため、髪型を整えてからドレスを着ることはできません。このように、ドレスを着用するには手順があるため、スムーズに着用するためにはレンタルドレスの規定までしっかり認識しておく必要があります。借りてから自宅に届くまでにどのような過程があるのか調べてみましょう。

予約から到着まで

ドレス

髪型からドレスを選ぶことも可能

結婚式や特別なパーティの際にレンタルドレスを利用する場合は、ドレスのインターネットサイトではいろんなものがあるので選ぶのにも迷ってしまいますよね。
そんなときは当日にしていきたい髪型によって選ぶのも手なので試してみましょう。パーティにしていくような髪型は普段の髪型とは少し違うので、いつもの感覚で服から選んでしまうと印象が全然違うということもあります。そのため、髪型から選んだ方がトータルでのファッションを考えやすくなるのです。

日程を決めて直前の連絡にも対応する

レンタルドレスは実に様々な人が利用します。そのため、借りたいドレスがあったとしても、直前で予約してしまうとそのドレスは他の人が借りていて使うことができないパターンも多いです。
日程が既に決まっているのであれば、最低でも2週間前までには決めておいた方が良いでしょう。2週間前に予約しなければ利用できないような通販サイトもありますので、十分に注意が必要です。

予約をしていて予定がキャンセルになった場合にもお店ごとに対応が違いますので、確認してから利用するようにしましょう。例えばキャンセル料は欠かさずチェックしておいた方が良いです。お店側の都合でレンタルが急に不可能になった場合についても規約があります。レンタルサービスなので、他の利用客が使っていたドレスが、返却が遅れた、もしくは汚れてしまって貸し出すことができないということもあります。その場合、お店の方から連絡がきます。滅多にないことですが、こういったこともあると認識しておくと心構えができます。
もし予約取り消しになってしまった場合、お店側の都合であれば全額返金と明記されているところであれば安心です。代わりの商品を受取ることもできるので、直前のお店側からの連絡には注意を払っておく必要があります。

ドレス選びの注意点がある

レンタルのお店が通販サイトだった場合、インターネットで全て内容を確認することが可能になるので、自宅でじっくり選ぶことができるのが良い点です。ドレス選びには好みの色や挑戦したい色に注目して選ぶのも良いですし、形を見るのも良いでしょう。
形を選ぶのはもちろんのこと、サイズもしっかり選びます。即日に配達してくれるシステムがあるようなお店もあるのですが、やはりパーティの直前には髪型も整えなければいけませんし必要な買い物もあるので慌てたくないものです。余計なやり取りを増やさないためにもサイズはしっかり選ぶようにしましょう。

サイズをチェックするためには、サイトに掲載されているモデルの身長や体型を参考にすると良いです。メーカーによってサイズが違うのではないかと心配な場合は、緩やかなデザインで作られたドレスを選ぶと良いです。ボディコンシャスなものならばサイズも限定されてしまうかもしれませんが、ドレープがたっぷりついているようなものであれば余裕をもって着ることができます。

もしサイズが合わないという場合、返金をすることはできませんので注意しましょう。レンタルのお店では商品を購入することもできますが、購入した商品に関しては未使用であれば返金してくれるケースも多いです。
しかし、一度決めてしまった注文はその後変更できないというわけでもないので認識しておきましょう。4日前までは変更してもキャンセル料を調整して変更を受け付けてくれるところが多いです。直前の変更になるほどキャンセル料は高くなりますので、気をつけましょう。

配送時間を決めることができると便利

自宅に配送してくれるサービスはとても便利です。ショッピングセンターやお店でドレスを購入して持ち運びするような手間暇がかかりませんし、大事にレンタルドレスを扱うことができます。
配送時間も自宅にいる時間を設定できるお店があるので、そういったところなら配達員との行き違いを減らすことができて、時間の節約にもなります。宅配であっても、自宅にいない時間に配送されてしまうと翌日の着付けに間に合わないということもあります。直前にはドレスを着て髪型を美容室に整えにいくこともありますので、ドレスが届かないと予定が狂ってしまいます。そういったことがないように、指定した時間帯には自宅に待機しておきましょう。